Ore no Neityan ha Geinoujin Daiikkan Ge Otikoboreno Neityan Toudai he KUGAYAMA KAORU

ISBN:

Published: November 14th 2014

Kindle Edition

394 pages


Description

Ore no Neityan ha Geinoujin Daiikkan Ge Otikoboreno Neityan Toudai he  by  KUGAYAMA KAORU

Ore no Neityan ha Geinoujin Daiikkan Ge Otikoboreno Neityan Toudai he by KUGAYAMA KAORU
November 14th 2014 | Kindle Edition | PDF, EPUB, FB2, DjVu, AUDIO, mp3, ZIP | 394 pages | ISBN: | 5.46 Mb

姉ちゃんは親父ともセックスしたい、と言う。俺は、親父なら、まあ、いいかな、と思ったので、了承してやった。親父はもちろん、姉ちゃんとセックスしたいとは思っていた。ただし、問題は母親だ。親父は、母親の了承が取れない限り、母親に対して浮気することになるから、絶対駄目だ、と言う。母親の了承はまず取れないと俺は思ったのだが、驚いたことに親父はあの母親に相談に行った。俺は俺の母親が恐ろしい女だということを知っていたから、今から母親に相談に行く、と言う親父の度胸に驚いた。さらに、また驚いたのだが、More  姉ちゃんは親父ともセックスしたい、と言う。俺は、親父なら、まあ、いいかな、と思ったので、了承してやった。親父はもちろん、姉ちゃんとセックスしたいとは思っていた。ただし、問題は母親だ。親父は、母親の了承が取れない限り、母親に対して浮気することになるから、絶対駄目だ、と言う。母親の了承はまず取れないと俺は思ったのだが、驚いたことに親父はあの母親に相談に行った。俺は俺の母親が恐ろしい女だということを知っていたから、今から母親に相談に行く、と言う親父の度胸に驚いた。さらに、また驚いたのだが、母親は姉ちゃんが正直に言ったので、了承する、と言う。ただし、「言っとくけどね、この人も持続時間が長いの。あんた、二人掛かりでやられたら、大変なことになるわよ。知らないからね」という捨て台詞を残して、母親は部屋を出て行った。その夜から、俺たち二人は、姉ちゃんの体でセックス三昧をすることになった。姉ちゃんが悲鳴を上げ、「もう終わって!」と何度も叫ぶまで、俺たちは何時間でもセックスしていた。元々セックスは姉ちゃんにとっては勉強の御褒美だったのだが、親父も姉ちゃんに勉強を教えてくれることになり、俺たちは勉強を教



Enter the sum





Related Archive Books



Related Books


Comments

Comments for "Ore no Neityan ha Geinoujin Daiikkan Ge Otikoboreno Neityan Toudai he":


palacykkosinskich.pl

©2012-2015 | DMCA | Contact us